記事一覧

東北でよかった?のだろうか?

http://www.asahi.com/articles/ASK4V641YK4VUTIL043.html?ref=nmail

「よかった」の言葉自体が織りなす日本語のすばらさに納得した。
この言葉が持つ「良い」「悪い」の両方の意味を日本語以外で説明することができるだろうか?

そして、この言い方についても考えさせられた。

悪いこととして比較する場合、基準点を悪い位置にもってきて、それよりも悪い状況を想定し説明すべきだったのか?

と考えてみたが、どうも比較すること自体に、問題があるみたいだと
気づいた。

で、色々と考えてみた結果、我が家の方針にたどり着いた。

方針というのは、
「人に関するもので、他と比較はしない」ということ。
他人、家族、兄弟について、比較したり評価や合意を求めない。
「お兄ちゃんと比べて…」「あいつに比べて…」「友達がしているから…」と、よくも悪くも比較しないし合意もしない。
比較しないことで、子供たちは、心が窮屈になることなく育ってくれたようだ。

私は、子供の頃から、比較され文句を言われて育った。
その結果、若いころは、非常に強いストレスとなっていた。他人の評価や比較を気にしてビクビクとして育った。
(比較され、親から叱られても、できないものはできないんですからね。)

今回の発言は、人の命の数や被害額を比較すべきではない。と感じた。

人命や被害としての数値として比較することもあるだろう。
それはあくまでも数値であり、重さを計るものではない。
良い悪いとして積算した重みとして、比較すること自体に、問題があるということが理解できた。

しかし、この記事にあるけど、ハッシュタグっていつの間に、普通に定着したのだろう??
世の中の進化が激しすぎて着いていけない…ヽ(´・`)ノ

一時撤退です。

ここもとうとう一時撤退です。
絶対に戻ってくるのだ。
ただ、楽天で戻るのかどうかは、不明


ビューテーショップMAYAKO

最近更新していません(;^_^A

ファイル 94-1.jpg

todoさん…どちらの方でしょうか?
お立ち寄りありがとうございます。

ここのブログは、更新していませんね~
最近はブログはちゃうところに書いていましてここは放置状態です。
でもってここは、もう少し教養のあるブログサイトにしていきたいなと考えている次第です。

ついったー

最近、ついったーというものを始めた。
リアルタイムでもなくブログでもない。ただひとりごとをつぶやき書く。たまにフォローしてくれたり、こちらからフォローしたりする。
まだ、よくわかんけど…
ついったーでぼそぼそと暗いつぶやきを囁いてみる。

勧められたスピーチ

無職です。貧乏です。あちこちに借金ありますが…なんとか切り抜けています。
仕事で肩の荷がおりたのは事実。

で…退職にあたり、とある人に↓これを勧められました。

スティーブ・ジョブスの伝説の卒業式スピーチ
http://www.youtube.com/watch?v=DE8HrWmnLwA&feature=related

さすが「ジョブス」です。
その他にiPhoneのプレゼンyoutubeにあります。笑えます。

私は、Apple社とジョブスは、AppleII を作っている時から知っていました。
AppleIIは、6502というファミコンと同じCPUを使ってたのですねぇ。懐かしい…
当時は、PET2001 TRS-80 など…まだPC-8001やTK-80が出る前です。
Microsoftの4K-BASICや8K-BASICが出だした頃でした。
マウスなんてまだありません。
そう、今のマウスやグラフィカルユーザーインタフェースは、ジョブスがパロアルト研究所を訪問した時に影響を受けたのです。
Lisaという失敗?を作り、そしてMacintoshが出たのでした。
つまりWindowの概念や今のネットワークは、パロアルト研究所から始まったのです。
と…興味がある人は、Wikiでも見てくださいね。

ともあれ、伝説の卒業式スピーチ…すばらしいです。
#そろそろMacも一台欲しいが…って金ねーよ。
#あ…あとトップページも変えなきゃ(笑)

以下、昔のPCです。
Lisa1 http://www.macgeek.org/museum/applelisa1/apple1_00.jpg
TRS-80 http://blogbeckett.files.wordpress.com/2007/11/trs80pic.jpg
PET2001 http://www.tandemsite.com/blog/m_hash/images/pet2001-black.jpg

「無職」だ…

「無職」ですよ「無職」!
職業欄に「無職」と書かなければいけない。
ハローワークに行かなければならない。
でも、失業保険は出ない。役員だったから、雇用保険はなかった。
引き継ぎも残っていたら、無償でしなければならないらしい。
え?以前休んだかららしい。?休みも多かったし働いていなかったかららしい。
なんてこった!?就職活動もできないのか!?

しかし…貧乏だ…2日に一回は、チキンラーメン…
助かります。日清食品さんに感謝

とある友人に相談…
「ホームレスになったらどうしよう…」
その人は、「食事ぐらいは用意してあげるから、大丈夫だよ」と言ってくれました。うぅぅ…ありがたいお話です。
もう、何年も会ってなくて、メールだけの会話でずっと続いている人です。
また、とある事で、昔仕事を一緒にした人に数年ぶりに再会…
お互い歳食ったなぁと長話…
男同士で、半日以上も話ができる人なんてそうはいないですね。

で、最近、肉なんて食べてないなぁと言っていたら
「焼き肉に行こう!子供たちも一緒に!」
やったぁ~タダ飯だ~
という事で、メニューは、「100品目食べ放題」です。
子供達は、ここぞとばかり肉食い倒していました。美味しかったです。

人生、もういいかぁ…と思う反面、色々な人とのつながりがある事に…人の縁というものに、宇宙ができて150億年(らしい)の中で、時間の中で、不思議な力を思慮深く、そして感銘を受ける
何かあるのでしょうかね。きっと
このブログをたまたま読んだ人いれば、それもきっと何かの縁なのでしょう。
みえない何かにつながっているのかも知れません。

とはいうものの

そうは簡単に「私」自身が売れるものではありません。
もしかしたら、出会い系を期待してぐぐられた方にここにたどりついた方もおられるかも知れません。m(__)m

過去のブログをみる限りでは、こんな病気持ちの人材に声をかけるなんて普通ではないでしょう~
という事で期待はしていませんが、「私売ります」はとりあえずは残して起きます。

時々アルミ缶をいっぱい積んだ自転車の方を見かけます。暑い中大変です。私も見習わなくては…

世の中のアルミのリサイクルは、そんな方々に支えられているのかもしれいないぁと思いつつ…

ダメかも

人間誰しも新しい事には当然前向きになれる。新しい事だからこそ前向きに進もうとする。

誰でいいから殺したかった。
パチンコ店放火の犯人の供述。
前がえなくなった者の発言。ほとんどの無差別殺人が同様の供述をしている。
なぜ、そのような行動を取ったのか、脳を調べてみたい。
人を殺す前に自分で死ねよ。赤の他人を巻き込むな
代理ミュンヒハウゼン症候群か?

私なら、人を殺す前に自分で死ぬ方を選択する。

ただ単に死んでしまっては、役に立たない。せめて腎臓とか角膜とか使えるものは使って欲しいと思う。

お前が虚しく過ごした今日という日は
きのう死んでいったものが
 あれほど生きたいと願った明日
その意味は判る。親父が余命3カ月もないと宣告された時。できるのであれば、私の命を少し削ってこの人にあたえてほしいと願った。
もしできるのなら、本当に明日を必要としている人に差し上げたい。
もしできるのなら、もっと生きる必要がある人に私の人生をあげたい。

そんな私にあと何ができる?

次の題名は「私売ります」にします。(三島由紀夫著・命売ります 的発想から)

先が見えない

とある人から教えてもらった事。
どれだけ先をことを自信をもって言えるか?その事が言える所までは目標がありそれを実行しているから大丈夫な期間であるらしい。
しまりすは、明日の事すらわからない。今月末にはどうなっているのかさえわからない。そんな不安定な日々。
もーいいや~って投げ出したい、全て投げ出してしまいたいと思う日々が続いている。それをしてはいけない…と阻止するのも自分自身。

しまりすのおとーさんは、57歳でこの世を去りました。肺ガンです。タバコが原因でしょう。
しまりすも吸っている…という事は、遺伝学的にみれば、その歳ぐらいには、発病する可能性が非常に高いと言える。

あと12年…あと12年で何ができるか?
二十歳代の頃、自分がこんな歳まで生きれるとは思っていなかった。

だから何?それがどうした?と言われればそれまでです。
前向きに!
確かにそうだ。過去は変えれない。死んだ人は蘇りはしない。
悔いのない人生なんて?
そんなの悔いだらけだよ。起こった事が悔やむか悔やまないか自分自身。だから悔いがあると思うか思わないかで変わるだけ。

人生でいつが一番よかった?と聞かれたら「いまだよ」と言えるようになりたい。
なりたいと思うのなら努力しろよ。ひたむきに生きてみろよ
囁く私の頭の中の誰かが。

罪は背負う。罪に終わりなんてない。自分がしている事が正しいか正しくないかなんて誰もわからない。
ただ無名のまま大河のごとくの時間の流れの中に埋もれて消えていく
歴史は教えてくれる。窮地に陥った武将や名を残した人達の行いを
でも、それはすばらしいから感銘を受ける話だからこそ残るだけ。
その話がある下には、無名でどうしようもなく窮地のまま死んで行った大数の人が埋もれているだけ。それがこの世界。

どんな世界にするかは、作り出すか、想うかは自分の脳が決定するのであり、それは誰もができる事で誰もが入り込めない世界

少し気がおかしいしまりすの散文でした。

ページ移動