記事一覧

なんと10月に

「天高く馬肥ゆる秋」とはよく言ったものです。
あっと言う間に10月になっていました。なんと言うことだ…
日没は、6時位で、早く暗くなります。いわゆる釣瓶落としってやつですね。
季節的には、暖房も冷房もいらないので、光熱費が一番安く季節です。

が…しまりすは…そう…色々あって…色々…いっぱい
考えさせられる事もあって…
町内の方も、46歳でお亡くなりになったり…
首は痛くなるわ、手はしびれるわ、コンタクトレンズは無くすわ
メインのPCは、台風のすきま風の雨の影響でつぶれるわ
なんか手間のかかることばかりですね。

こんなのって何が楽しいのなんだろうか…
だったら楽しくしたらいいじゃないかって?
そうできたらいいんだけど、なかなかできない。
と、ついついここのブログを捌け口にしてしまっています。

何がしたいのか、信念とストーリーが描けない少しおちこんでいるしまりすでした。
やれやれ、どうしたものか

目標失ったらいけませんね。趣味でも仕事でも生きていく目標がある人は輝いている。自信がある。
逆にそうでない人は、びくついて生きている。
そして、自分というものを見失い負のスパイラルに落ちていくものなのかな?
あらゆる決断が鈍りそして常にマイナス思考で考えてしまう。

とある人が言っていた。
例えばビジネスでもそうだけど、計画通りが一番いいのだ。
それが赤字であっても、それが計画であれば。
一転して赤字になるのはもちろん、黒字になにるのも悪い事だそうです。スケジュールも同様なんですね。
ストーリーが大切なんですね~これってセンスなんですかね。

今夜も眠れない。眠たくないしまりすでした。

鳥の足?を食べました

ファイル 69-1.jpg

中華料理を食べる機会があり、鳥の足…のフライにしたようなものを食べる機会がありパチリと撮りました。
小骨が多いのですが、ゼラチン質が多くて肌に良いそうです。
しかし、あまりにもリアル過ぎて苦手な方も多い事でしょう。でも、美味しいですね。

それと、知り合いから新米30Kgとすだちを頂きました。
しばらくは、米には困らなくて済みそうです。
本日新米を精米してきました。
さて、新米のお味は…明日のお弁当で判明します。
すだちは、サンマを焼いたものにふったら、絶品でした。
やはり食べ物は、旬なものに限ります。

って次の就職先は、どうなったのだ?
決まりそうですね。
でも、手持ちの現金がないので、どうしたものか!?
と言うことで、ただいまバイトをしつつしのいでいます。

地に足が着くということ

ファイル 68-1.jpg

無職のしまりす…です。
なぜか最近、よくタダ飯にありつけています。焼き肉やら焼き鳥やら居酒屋、ラウンジ?等々…ありがたい話です…

さて…
過去の資産やシステムに何も責任を負う必要がなくなった今、緊張感から解き放たれてとても気持ちが軽く感じます。
(これで、貯蓄があれば申し分無いのですが(^^; )
子供たちと一緒に夏休み状態です。
どこかへ行く費用はありませんが、一緒に過ごす時間は増えています。アルくんとも遊んでいます。
いいのか?これで?本当によかったのか!?と心の声を聞きつつも…

実は、しまりすは、過去25歳の時にも一度無職になりました。
その時は、親元に居てたので、何も心配する必要もなく1カ月をぶらぶらと過ごしました。
好きなハードを組み立てたり、ソフトを作ったりしていました。
2カ月目に入った頃には、誰も遊び相手がいない事に気づきました。
当然友人達は、平日働いています。
当時はニートやフリーターという言葉すらありませんでした。
いわゆる「無職」

独学で学んだBASICとZ80だけでどこか雇ってくれる所があるか?
と友人に訪ねたらその友人は、「私が今働いている会社へおいでよ。」
と言われました。
すぐに入社決定です。独身寮にも入りました。
そこでは、かなり働きました。会社と寮は歩いて5分もかからないのですから…
車も持っていなくて周りには繁華街もない田舎です。
土日も趣味で色々作ったり、仕事をしていました。
今から考えればとてつもなく働きそして勉強した期間ではないでしょうか?

その会社には約3年間働いていました。今でもその関係者方々とはつながりがあり、辞めていかれた方々ともごく少数ですがつながりがあります。

何が言いたいかって?
20歳代にやった事が今も生き続けているって事です。
私は成功者でもありませんし有名でもありません。無職です。
えらそうな事は言えませんが、失敗であっても今までどんな事を積み上げてきたか?信用を積み上げたか?が大切なのかな?
思考を巡らせています。

無職は、英語では、 「out of work」など色々とありますが、一部では、「standby」 とも言うらしい?
「standby」いいですね。今はstandby中のしまりすでした。

追記
しかし…作文下手だなぁ…すみませんm(__)m

まねおとホームページ

面白いサイトを見つけました。
貸したい人と借りたい人との接続サイト
maneo マネオ
http://www.maneo.jp/
まだどこまで使えるサイトか判りませんが、要するに金貸業の許可なくても銀行よりもよい金利で運用でき、かりる人も低い金利で借りれるサイトです。

とある料理居酒屋の大将が言っていました。
ホッ○ペーッパー?あれに載せるのは、集客の努力をしていない所が載せるか…もしくは、大手チェーン店で掲載料が安く抑えられる所しかないよ。うちなんて載せない。
ホームページ?作るのはいいけど、どれだけの人が見てくれて、そのうちどれだけの人が本当に来店するかって?0.1%も無い。
そのうちそのサイトに導くのに一生懸命になってしまいサイトに来るまでの導きが必要となったり、検索で上位になるようにしたりで金がかかるよ。
それよりもいかにしてリピーターを増やすか?
一度来てくれた人が一カ月後や三カ月後や半年後でもいい。来てもらえたらと考える。
と言っていました。

この大将の意見…と、これだけネットが一般的になった現在に、人はどんな方向を目指すのでしょうか?

たぶんWeb3.0と呼ばれるものは、人類の欲望の一つを満たす担いを果たすのだろうと推測。

最近は、よくタダ飯によばれるしまりすでした。(;^_^A

勧められたスピーチ

無職です。貧乏です。あちこちに借金ありますが…なんとか切り抜けています。
仕事で肩の荷がおりたのは事実。

で…退職にあたり、とある人に↓これを勧められました。

スティーブ・ジョブスの伝説の卒業式スピーチ
http://www.youtube.com/watch?v=DE8HrWmnLwA&feature=related

さすが「ジョブス」です。
その他にiPhoneのプレゼンyoutubeにあります。笑えます。

私は、Apple社とジョブスは、AppleII を作っている時から知っていました。
AppleIIは、6502というファミコンと同じCPUを使ってたのですねぇ。懐かしい…
当時は、PET2001 TRS-80 など…まだPC-8001やTK-80が出る前です。
Microsoftの4K-BASICや8K-BASICが出だした頃でした。
マウスなんてまだありません。
そう、今のマウスやグラフィカルユーザーインタフェースは、ジョブスがパロアルト研究所を訪問した時に影響を受けたのです。
Lisaという失敗?を作り、そしてMacintoshが出たのでした。
つまりWindowの概念や今のネットワークは、パロアルト研究所から始まったのです。
と…興味がある人は、Wikiでも見てくださいね。

ともあれ、伝説の卒業式スピーチ…すばらしいです。
#そろそろMacも一台欲しいが…って金ねーよ。
#あ…あとトップページも変えなきゃ(笑)

以下、昔のPCです。
Lisa1 http://www.macgeek.org/museum/applelisa1/apple1_00.jpg
TRS-80 http://blogbeckett.files.wordpress.com/2007/11/trs80pic.jpg
PET2001 http://www.tandemsite.com/blog/m_hash/images/pet2001-black.jpg

「無職」だ…

「無職」ですよ「無職」!
職業欄に「無職」と書かなければいけない。
ハローワークに行かなければならない。
でも、失業保険は出ない。役員だったから、雇用保険はなかった。
引き継ぎも残っていたら、無償でしなければならないらしい。
え?以前休んだかららしい。?休みも多かったし働いていなかったかららしい。
なんてこった!?就職活動もできないのか!?

しかし…貧乏だ…2日に一回は、チキンラーメン…
助かります。日清食品さんに感謝

とある友人に相談…
「ホームレスになったらどうしよう…」
その人は、「食事ぐらいは用意してあげるから、大丈夫だよ」と言ってくれました。うぅぅ…ありがたいお話です。
もう、何年も会ってなくて、メールだけの会話でずっと続いている人です。
また、とある事で、昔仕事を一緒にした人に数年ぶりに再会…
お互い歳食ったなぁと長話…
男同士で、半日以上も話ができる人なんてそうはいないですね。

で、最近、肉なんて食べてないなぁと言っていたら
「焼き肉に行こう!子供たちも一緒に!」
やったぁ~タダ飯だ~
という事で、メニューは、「100品目食べ放題」です。
子供達は、ここぞとばかり肉食い倒していました。美味しかったです。

人生、もういいかぁ…と思う反面、色々な人とのつながりがある事に…人の縁というものに、宇宙ができて150億年(らしい)の中で、時間の中で、不思議な力を思慮深く、そして感銘を受ける
何かあるのでしょうかね。きっと
このブログをたまたま読んだ人いれば、それもきっと何かの縁なのでしょう。
みえない何かにつながっているのかも知れません。

ただのしかばねのようだ

なかなかやる気がでない。
なぜか身体も心も苦しい~うごけない。
まるで「ただのしかばねのようだ」状態です。
ここ2日も風呂もシャワーもしていないと浮浪者とよく似た匂いがしてきています。

しかし、やる気ってなんだろう。数字で表せるものなんだろうか?
抽象的なので、やる気がある と ない との差はなんなんだろうかと思ってしまいます。
当然、環境によりますが、暑い部屋の中でパソコンをさわっていると1時間ももたない。エアコンがあればいいのだが、ウインドタイプしかないので、うるさいし電気代がもったいないので扇風機でがまん。室温は40度以上?あたまがぼやけてくる…

そのがまんという値がさまざまな要因で高くなれば、やる気の喪失にもつながるのではないか?
だが甲子園で野球をしている高校生は、暑い中で必死に戦っている。
まあスポーツだからわからないことはないが…

誰か~安いエアコン売っている所しりませんか?
その前に、8月過ぎたら食費がありません。
家賃も払えないので滞納…車検代も滞納中…国保も滞納しかけたが、一時的に安くしていただいた。

家計を見直してみたが…教育費がバカにならない。公文に塾に体操と私がジムに行って鍛えるぐらいなら、彼らのために少しでも教育がよい方になればと…
塾の夏期講習会費は、7万いつもは4万…高いが…致し方ないですね。
で食費を削ると…昨夜のご飯は、味噌汁、干し魚1匹ご飯一膳(オカワリはありません)
今日は、ゴーヤチャンプル、苦瓜が1本128円なんですね。夏ばてには良いと沖縄では昔から食べられていました。
(沖縄で食べたほか弁のゴーやチャンプル丼が懐かしい…)

さて…どうしたものか?

現在私は「無職」(タイトル変えなきゃ)

ハローワークは、職探しにみなさん必死で危険を感じてしまいます。選ばなければなんでもあるっていう時代ではないですね。選ばなくても職はありません。そんな時代です。

時代は、大変厳しい状態になってきました。
自殺者も半年で1万7千人…異常です。
交通事故の死亡は激減しました。警察も取り組み、飲酒運転を厳しくしました。
自殺は、個人の勝手だから打ち手があまり明確になってきていません。今年は過去最悪になるのは間違いありません。

どうしたらいいものか…
ちょっとまて。死んで花実が咲くものか
いやあ花実さかなくてもいいです。はい。

とはいうものの

そうは簡単に「私」自身が売れるものではありません。
もしかしたら、出会い系を期待してぐぐられた方にここにたどりついた方もおられるかも知れません。m(__)m

過去のブログをみる限りでは、こんな病気持ちの人材に声をかけるなんて普通ではないでしょう~
という事で期待はしていませんが、「私売ります」はとりあえずは残して起きます。

時々アルミ缶をいっぱい積んだ自転車の方を見かけます。暑い中大変です。私も見習わなくては…

世の中のアルミのリサイクルは、そんな方々に支えられているのかもしれいないぁと思いつつ…

私売ります

当方、利用してみたいと思う個人、企業がございましたらご一報ください。詳しい職務経歴を送付いたします。
1日だけでも…派遣、もしくは、何か一緒にしてみたい…などなんでも歓迎いたします。

Oracle、サーバー含めたシステム設計、SI関係、PCの修理からExcel、Wordの教育まで
WebやLinuxを含めたシステム(Flash系は、苦手ですが)
LANなど社内システムの設計、その他運用など、幅広いお手伝いが可能です。
ひとりで対応できない時は、しまりすのネットワークを通して人材を持ってきます。
それ以外にも便利屋として色々な所でお使い頂ければと思います。

ご連絡先は、
stardate2777@live.jp ←修正しました。
です。
内容・価格相談…交通費全額支給希望
関西エリアでお願いします。

ダメかも

人間誰しも新しい事には当然前向きになれる。新しい事だからこそ前向きに進もうとする。

誰でいいから殺したかった。
パチンコ店放火の犯人の供述。
前がえなくなった者の発言。ほとんどの無差別殺人が同様の供述をしている。
なぜ、そのような行動を取ったのか、脳を調べてみたい。
人を殺す前に自分で死ねよ。赤の他人を巻き込むな
代理ミュンヒハウゼン症候群か?

私なら、人を殺す前に自分で死ぬ方を選択する。

ただ単に死んでしまっては、役に立たない。せめて腎臓とか角膜とか使えるものは使って欲しいと思う。

お前が虚しく過ごした今日という日は
きのう死んでいったものが
 あれほど生きたいと願った明日
その意味は判る。親父が余命3カ月もないと宣告された時。できるのであれば、私の命を少し削ってこの人にあたえてほしいと願った。
もしできるのなら、本当に明日を必要としている人に差し上げたい。
もしできるのなら、もっと生きる必要がある人に私の人生をあげたい。

そんな私にあと何ができる?

次の題名は「私売ります」にします。(三島由紀夫著・命売ります 的発想から)